中村 真武

手厚い研修期間を経て乗務デビュー。究極の接客業、誇りある仕事にワクワク!

新卒社員向け研修の手厚さはすごいですよ。ドライバーとしてのイロハを2~3カ月かけて学ぶんです。
始めは社内研修、そして日本交通グループの研修センターに入所して二種免許取得、再度本社に戻ったら地理や運転テクニックをみっちり勉強。同乗指導を経てからデビューです。
僕は先日研修を終えて単独乗務を始めたばかりですが、先輩方のアドバイスもあって全く不安はありませんでした。新卒は本当に大切にされていると感じますね。

実際に仕事を始めてみて、タクシーが公共交通機関として無くてはならないものだということを実感しています。
お客様を単に目的地に送り届けるだけではない、一対一の究極の接客業。誇りを持って働ける職業です。
これからますます外国人のお客様も増えていく中で、タクシーも英語対応等のグローバル化が必要不可欠。
そんな中で、必要だと思えるサービス、対応マニュアルなど、若さを武器に創り上げていけたらと、すごくワクワクしています!